目に見えないもの

8月が始まりました!とても暑い日が続いておりますね。

夏の高校野球も全国のチームが出揃い、更にオリンピックもまもなく開催ということで今年の夏は一段とテレビの前で熱く燃え上がりそうですね!

私も中学時代は、バスケ三昧のスラムダンク三昧、高校時代は野球部のマネージャーをしておりましたのでスポーツは見るのもするのも大好きです(^^)

 

さて、今日はいつもお世話になっておりますお花屋さんと今度行われます結婚式の会場装飾を、実際に試し置きをする打合せを行いました!打合せ場所はお花屋さん・まりえさんのご実家♡ 瓦屋さんを営まれていらっしゃるため、とっても広い作業スペースがあり、今回使用するたくさんの木々がそちらに搬入されておりました。

 

リボンガーランドを作成したり木と布と色のバランスを見たり、ボリュームや高さ、そして小物含めての配置と全体バランス。

会場装飾は、本当に奥が深く、でも空間コーディネートが私も本当に好きなので、どんどん出来上がる空間にもうワクワク感が止まらず楽しすぎる時間でした(^^)また今日は丸一日の作業で暑すぎたため、後半は2人共ほぼすっぴん状態の汗と土まみれの中でしたが本当に頑張りました(^^)♪

 

ああだこうだ、と言いながら意見をぶつけ合い、試し置きを重ね、当日をイメージし創り上げていきます。一番初めはイメージを「絵・イラスト」に落とし込みそれをお花屋さんにお伝え致します。その「絵」が現実の「物」になって見えたときの嬉しさは、もうたまらない程の喜びです。

 

そしてそれを当日主役の新郎新婦様に見ていただく。このときのお二人の喜ばれた顔や驚きの顔が本当に私達も嬉しく、いつも作業のときには「これ、絶対新郎新婦様に喜んでいただけるな。。♡」とニヤニヤしながら作業をしております。

 

会場装飾や、空間コーディネートを作る際は、絶対私は「ふたりらしさ」を入れます。それが思い出の何かなのか、好きなものなのか、好きな色なのか、好きな雰囲気なのか、好きな場所なのか、、それを何かしらの「カタチ」にしていきます。だからこそ、世界にひとつだけのウェディングスタイルが作れます。

 

この三重県でも!必ず作れます。

 

今日の試し置きをした装飾はゲストの方々に、当日会場に入った瞬間、わっ!と驚いて頂きたいので、写真では未だお見せできませんが、また結婚式レポートをさせて頂きますね♪