式場プランナーさんとの違い


フリーランスプランナーと他のプランナーさんとの違いとは・・・?

よくこの質問をいただきます。

ホテルや式場にご来館いただいたお客様には「うちだとこんなお料理でこんなお衣裳がご用意できますよ」「披露宴会場は天井も高く階段付きです」「駅から近いです」・・・

というご案内になります。以前私も総合専門式場でプランナーとして自社でお客様が選んで頂けるよう、精一杯ご案内させて頂いておりました。

 

ですが私のフリーランスウェディングプランナーの働きかたは少しだけ、違います。

 

「どこの式場にも属していない」つまり、自分のチャペルやパーティー会場を当然ながら持っていません。

なのでお問い合わせ頂くと、まずは、真っ白な状態でお二人にお会いします。

そこで私から「説明」することは上記のとおり何も持っていないのでありません。

そのかわり、結婚式についてじっくりお話しをします。

 

真っ白な状態・・・だから良いんです。

漠然と「結婚式をしなくちゃいけない」のままではなく、「なんのために、どういうテーマ(表現)で、どんな結婚式をしたらいいのか」をヒアリングし

「じゃあ、そのためには“どこで” “だれと” “なにを” したらいいのか」をふたりとじっくり一緒に考えます。

 

そして、「一緒に結婚式準備をしていきたい」そう思っていただけたら、お申込みとなります。

会場も、衣裳も、料理も、なにひとつ明確にご提示していないので、そこにはまだなんの商品もありませんが、でも、わたしは、その時点でお客様に売った商品は「わたし自身」だと感じています。

結婚式とは、当日を迎えるまで決して目に見えない大きなお買いものです。洋服やバッグを買うお買いものとまた違います。

その日を迎えるにあたり、ひとつひとつの結婚式を心から大切に想い、新郎新婦ふたりの気持ちに寄り添い、ただ同意するだけではなく、真剣に考えるからこそ時には反対意見も言ったりしながら、一緒にふたりの結婚式をつくりあげるパートナーでありたい、と思っています。

 

すべての新郎新婦にとって、そんな存在になるのは無理だと分かっています。

でも、「大切な日」だからこそ、その日に向かって一緒に笑って、一緒に悩んで、そして当日は一緒に泣いて一緒に感動を味わいたい。と思って下さる方と一組でも多く出逢いたいと思っています。

そしてそれはすごく素敵なご縁だと思っております。